セイルチェアを選択する前に理解すべきこと

こんにちは、アーロンチェアの庄文堂、近内です。

今回はセイルチェアについてお話します。

アーロンチェアの記事と連動していますのでお時間あるときにでも読んでみてください。

他のモデルと比べて安価な理由は?

セイルチェアはアーロンチェアなどに比べて安価な事に加え、高いデザイン性により非常に人気があります。

では、何故ここまで安価なのか。

前傾機能も付いていますし、アームに制限があるとはいえ、アーロンチェアの半分以下の金額です。

 

セイルチェアは御覧頂くと分かる通り、背もたれにフレームがございません。

この背もたれにより上半身の柔軟な動きに対応できます。

加えて、アーロンチェアやミラ2チェアのようにメッシュではなくウレタンクッションの上にファブリックを張った座面を採用しています。

これはマイナスの一面もあり、ウレタンの特性上、長期の使用によりユーザーの体型に合わせて沈み込んでしまう事は避けれないと思います。

ただ、2~3年でなるような話でもないですけどね。

外付けのランバーサポートもありますが、設計の段階からランバーサポートと同様のサポートを受ける事が出来るような背もたれの張りをしています。

この背もたれにはポスチャーフィット機能も設定されています。

ちなみに弊社で販売している製品には最初からランバー付きのモデルはございません。上記のようにランバーサポート同様の機能が最初から備わっているからというのが最大の理由です。

加えて私自身、他のスタッフもですが、ランバーサポート付のモデルに座った際に、そこまで実感できなかったことも大きいです。

ランバーサポートは位置調整が可能ですが、実感できなかったという事は、適切な位置に設定する事が難しいだろうという判断をしています。

せっかく追加料金を払ってランバーサポート付を購入しても、ランバーサポートの位置が少し上だった、少し下だった。という具合に、恩恵を100%受けきれてなかったらちょっとね・・。と感じたからです。

 

また、多くの製品がアームを高さしか調節出来ない「高さ調節アーム(ハイトアジャスタブルアーム)」仕様です。これは後程フルアジャスタブルアームとの比較を紹介します。

上記が全てではございませんが、価格も含めてデザインされた非常に優秀な椅子です。

どんな体格がぴったり?

結論から申し上げますと、1つの個体として判断した場合、一番広範囲の体格をカバーするのはセイルチェアなのではないかと感じています。

パーセンタイル値で比べるとアーロンチェアが広範囲をカバーしていますが、アーロンチェアはサイズが分かれていますからね。

耐荷重も159kgまでと優秀です。が、以前アーロンチェアの説明でも載せたとおり、100kg超えるとシリンダーの劣化は早いと考えています。

広範囲をカバーする要因としてはやはり座面奥行調節が可能というところでしょうか。座面をスライドさせて奥行を調節できることに加え、ウレタンクッションのクッション性が功を奏し、フレームの先端に足が当たっても多少であれば痛くない事が大きいです。

座って左側のレバーを引くと調整出来ます。下の写真の右上のレバーです。

無段階ではなく、1cm刻みで5段階です。

このフレーム先端に足が当たってもという部分ですが、感覚的に150cm台の方が多いですかね。

150cm台の方はハーマンミラー社製のオフィスチェアで適合するものを探そうとすると、アーロンチェアのAサイズか、セイルチェアしか選択肢が無いと考えています。

アーロンチェアの先端は樹脂ですので、当たると痛いんですよね。

セイルチェアはウレタンクッションですので、多少当たっても痛くないというのは大きいんです。

ただ、広範囲の方に適合するだろうとは見ていますが、ある程度身長が高くなると、背もたれが低すぎる印象も受けますね。

その場合はアーロンチェアやミラ2チェアを試してみましょう。

高さ調節アームとフルアジャスタブルアームを比べると

これは非常に多くのお客様にお問い合わせ頂く質問です。

高さ調節アームとフルアジャスタブルアームはどっちが良いんですか?

極論、小柄な方以外は好みかなって思います。

フルアジャスタブルアームは高さ調節に加え、①奥行調整、②扇状に首振り、③左右スライドが出来ます。

高さ調節アームとフルアジャスタブルアームを比べると、パッド自体は1.5倍ぐらい大きさが違います。

下の写真、大きい方がフルアジャスタブルアームのアームパッドです。

大きい方が腕を乗せた時に安定しますね。でもこれは、体感の域を出ないです。

3つの調節機能についてです。

①奥行調節はデスクに収める際に少し深く入れる事が出来ます。

②扇状に首振りは、パッドの角度を「ハの字」することによって、キータッチ等作業を行う際、腕の進入を適切な角度でサポート出来るようになります。

これ、逆ハの字も出来るんですが、これはどういうケースで使用するんでしょう・・。もし何か知っている人がいたら教えてください。

③左右スライドは小柄な方ほど恩恵を受けやすいのではないでしょうか。

椅子に座ってアームに腕を置く際、小柄な方ですと、アームの位置が自分の肩より大きく外側にあるという事がございます。

大きく外側にあるアームパッドに腕を置くと、肩が広がり、かえって肩に負担がかかるという事があります。

このスライド機能を使って内側にアームをずらせば、この問題は解決できます。

上記のような細かい調節が可能になりますので、フルアジャスタブルアームの方がより細かい問題に対応できますね。

ちなみに弊社では通常在庫としてはブラックのみフルアジャスタブルアーム仕様を在庫展開しています。

白ベースのセイルチェアでもフルアジャスタブルアームを展開しようと考えた時期がありましたが、座面の色をたくさん展開している都合上、全てをフルアジャスタブルで用意するという事が、在庫管理上難しいからです。

ざっくばらんに言うと、売れ残る色が出てくる→商品が陳腐化するという事を私が避けているためです。完全にこちらの都合です。

ですので、ブラックのフルアジャスタブルアーム以外は全てカスタム受注発注として対応させて頂きます。

カスタムの参考記事はこちら

デメリットとなり得る箇所もあります

セイルチェアにはデメリットになり得る箇所がいくつかあります。

誤解が無いようにあらかじめ言っておきますが、仕様に関する部分のお話です。

セイルチェアをはじめとするハーマンミラー社製のオフィスチェアは、「人は無意識のうちに動いてしまうもの」という事でアソビが設けられています。

これから説明するものはそのアソビが引き起こしてしまっているものです。

製品としては問題が無く、メーカーの判断では許容範囲なのですが、気になる人はいますよという話です。

①座面ががたつく

これは、座面の奥行調節機構の仕組みが影響しています。

座面は本体側と座面側に2本ずつあるレールをスライドすることによって調節できるようになっています。

本体側のレール幅が1cm、座面側のレール幅が1.5cmです。

加えて、座って左側でしか座面を固定していません。

そのため、アソビとして座面が動きます。

この動きが気になってしまい、初期不良なのではないか。という連絡が多いですね。

 

②アームの高さが左右で微妙に違う

これは、ベース部分とシリンダー接合部にあるアソビが原因です。

これはぴったり1mmのズレもなくハマっていれば発生しないのでしょうが、場所柄アソビは必要ですよね。ベース部分とそこから上の位置関係によって左右アームの高さが異なります。

座面より上を回して適切な位置を探してもらうしかないです。

あまりにも酷いものは弊社の検品時に弾いています。

 

この2つは仕様上発生してしまうものなのですが、気になる方はそれなりにいますね。

一度気にしてしまうと意識しますからね。

ご相談いただければ可能な範囲で対応します。

異音が鳴るってよく聞くけど・・

私がセイルチェアを販売する上で一番心配しているのはここなんですよね。

セイルチェアはリクライニングの始点と終点でギアがぶつかるため必ず音がなります。しかし、動いている途中に引っ張るような音がなるケースがあります。

事象の原因はここでは書きませんが、ほぼ全てのケースで対応可能です。

どうしても輸送時に想定外の縦揺れなどが発生し、起こり得ることなんですね。

※この異音は割合でセイルチェアが多いからここで書いていますが、全ての椅子に可能性として有りますのでご注意ください。

異音が鳴るという事でハーマンミラーメンテナンスに送ったところ、その輸送中になんらかの衝撃が入ったのでしょう。到着時には音が鳴らなかった。という事があります。弊社に送って頂いた際にも同じような事がありましたね。

皆さんが思っているいる以上に、チルトメカはナイーブなんです。

いずれにせよ確実なものを届けるようにしますので、なにかあったら連絡を頂ければと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

セイルチェアは広範囲の方にマッチする椅子で、必要にして十分な機能・性能を備えた椅子だと思います。

反面、音に敏感な方はリクライニングの始点終点の音がしますので考えた方がいいですね。

小柄な方にとって、とても良い選択肢の1つになるのではないでしょうか。

それでは、また次回。