アーロンチェアを搬入する際に最低限必要な幅を教えて下さい

こんにちは、アーロンチェアの庄文堂:お客様担当 齊です。

大型家電や家具を検討する際に通路幅でお悩みの方は少なくないと思います。
弊社でも、あまり多く頂くお問い合わせではございませんが、このようなお問い合わせをいただく事があります。
つい最近も同様のお問い合わせを頂きました。ここでご紹介したいと思います。

今回はアーロンチェアとアーロンチェア リマスタードで検証してみました。
※庄文堂スタッフによる採寸です。ハーマンミラージャパンの公式発表している寸法と若干誤差があることがあります。

アーロンチェアは、表でもわかるように最大幅(ベース幅)は下記の通りです。
Aサイズ:約63センチ
Bサイズ:約66センチ
Cサイズ:約68センチ

続いてアーロンチェア リマスタードです。
Aサイズ:約64センチ
Bサイズ:約65センチ
Cサイズ:約68センチ

この寸法からすると通路や扉の幅が70センチあれば搬入が可能であることが伺えます。

 あれ?あの箱のまま搬入するんじゃないの?
と思われた方もいるかと思います。

庄文堂では、ヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」を標準配送として採用しています。
お届けにお伺いしたドライバーが、大きな梱包箱から出して搬入してくれます。
任意の場所に設置が可能ですので、1階でも2階でもご指定の場所へお運び致します。
もちろん、箱は回収していきますのでゴミも出ません。

70センチ未満の幅には通らないのか?
そんなことはございません。

扉の幅、扉自体の奥行き、扉を超えた通路の幅etc…。
多くの条件が考えられますが、幅と奥行き次第ではまだまだ狭い扉も通すことが出来ます。
2人ががりでの搬入になりますが、座面部、ベース部をそれぞれ持って先にベース部を入れ後に座面部を入れるという方法である程度の幅の扉を通すことが可能です。
これが通路なら無理です。
このように庄文堂では、お問い合わせ頂いた内容によっては実際にスタッフが検証・実験を行っています。
今後も実例つきでアップしていく予定ですので、気になる事がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。