エンボディチェアのススメ4 アーム高さ、幅調整方法 

こんにちは 庄文堂NEXTストアマネージャー 阿部です。
前回は背もたれカーブの調整方法について説明しました。
背もたれカーブを自在に操ると、まるで背もたれと一体化したように座っていても、動けるようになると思います。
ところで、皆さんはエンボディチェアに座ったことはありますか?
座ったことのない方は一度座ってみると、座り心地、機能の多さにビックリすると思います。
今回は、4/5回目、アーム高さとアームの幅調整方法についてお話していきます。

アームを調整して体の負担を減らそう。

エンボディチェア アームの高さ調整

embody-user-adjustments_1280x7203802

アームの高さを調整するレバーは、アームの下(矢印がさしている場所)

にあります。

このレバーを押すと上下に調節することが出来ます。

embody-user-adjustments_1280x7203832

 

embody-user-adjustments_1280x7203836

 

embody-user-adjustments_1280x7203869

上の写真のように、アームが上下に約14cm動きます。(弊社調べ)

実際のアームの使い方ですが、

 

このように、肘がLより少し開くぐらいで調整するのが

正しい調整方法です。

embody-user-adjustments_1280x7204122

エンボディチェア アーム幅調整

エンボディチェアのアーム可動は、横にも動きます。

embody-user-adjustments_1280x7204213

アームを持ち、外側に開きます。

embody-user-adjustments_1280x7204234

内側から外側まで約8cm動きます。(弊社調べ)

アームの幅は3段階で調整出来ます。

まとめ

アームを使用する場合、リクライニング時に使用することが多いと思います。

L時になるように、アームを調整することにより、正しい姿勢を保ちつつ、体重を分散出来ます。

私も頻繁にアーム調整を利用します。

前傾姿勢のときはアームは使用しないので、一番下まで下げます。

リクライニング使用時は、

肩幅とアームが同じ幅になるように調整し、

L時になるようにアームを調整します。

あまりアームを高くしすぎると姿勢が悪くなりますのでご注意を。

今回はアームの調整方法についてお話しました。

次回は5/5アーロンチェアとの機能比べについてお話します。

お楽しみに。