アーロンチェア座り方その③ リクライニング

明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、

何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新しい年が皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げ、年頭のご挨拶とさせて頂きます。

 

アーロンチェアの調整方法

こんにちは 庄文堂NEXTストアマネージャー 阿部です。

皆様はアーロンチェアはリクライニングの硬さを調整できるのはご存知ですか?

ご自分の好きな硬さに調整することで休憩中や、後ろに倒したい時など快適な硬さでのリクライニングを実現します。

今回は、アーロンチェアのリクライニングの硬さ調整方法です。

リクライニング硬さ調整

アーロンチェアに座って右側のこちら

Aeron-User-Adjustments-1280x720_11884

+-が書かれているこのノブを回して硬さを調整します。

Aeron-User-Adjustments-1280x720_11811

+方向に回転させると

Aeron-User-Adjustments-1280x720_11840

後方にリクライニングすると反発が強くなり硬くなります。

Aeron-User-Adjustments-1280x720_12051

動きはこちらをクリック

katai

反対に

-方向に回転させると、

Aeron-User-Adjustments-1280x720_12182

リクライニングが柔らかくなり倒れる角度もより後方に

Aeron-User-Adjustments-1280x720_12388

動きはこちらをクリック

yawarakai

ノブで硬さを調整することにより、ご自分の好みの硬さに調整することが出来ます。

比べてみると倒れる角度が

kakudo

約、頭半分ぐらい変わっています。

写真で見ると10度ぐらいの角度の違いですが、体感はかなり後方に傾いている感じがします。

まとめ

リクライニングノブの硬さ調整ですが、ノブをまわす場合、約10回以上回さないと効果が感じられないと思います。

回しながらお好みの硬さに調整してみてください。

今回はリクライニングの硬さの調整方法について書いてみました。

参考にしてみてください。