テレワークの椅子は何がいい?

こんにちは、アーロンチェアの庄文堂、近内です。
今回はテレワークの椅子は何がいいかな?という事でお話をさせて頂きます。
勿論、ハーマンミラーの正規販売店ですので、ハーマンミラー製品のお話です。
 

私もテレワークをしています

新型コロナウイルスの影響でテレワークの導入をされている方がかなり増えてきていると思います。
弊社がある宮城県仙台市でも、昨年の6月ぐらいから、テレワークの準備という事で実際にショールームにご来店頂く方が非常に増えています。
 
弊社でもテレワークを現在も実施中で、私は週に2回テレワークをしています。
お察しのとおり、お求めになられる方が多くなっておりますので、検品も大忙しです。
テレワークの日は検品に行っていることも多いですね。
コロナ禍に加え、こういう流れもあり、ショールームは完全予約制にしています。
突然来店頂いたり、当日連絡頂いても、そもそも私がいない可能性があるからです。
検品の話はまた別な記事で紹介しようと思います。
 
昨年の4月から私はテレワークをしていますが、正直なところ、腰が痛いですね。
※私は腰椎すべり症(前方向)です。
会社ではアーロンチェアに座る事が出来ますが、家ではダイニングの椅子なんですよね。
Wi-Fi環境の問題でいたしかたなくという感じです。
 
私もですが、いざテレワークをしてみて色々と気付く方も多いのではないでしょうか。
デスクの広さにモニターの数、集中できる環境作り、勿論椅子もです。
 

候補はアーロンチェア、ミラ2チェア、セイルチェア

弊社で扱う製品の中で今回ピックアップするのは、アーロンチェアミラ2チェアセイルチェアです。
エンボディチェアは在庫が非常に不安定なので今回話にはしません。
 
一番のおすすめはどれと言われれば、勿論アーロンチェアをお勧めしています。
これは実際に私が使用してみた感覚という部分に加えて、商業的な部分でもです(笑)
 
私は比較的長く使用しているという事で言うと、旧アーロンチェア → ミラ2チェア → アーロンチェアリマスタードという順に使用しています。
勿論エンボディチェアやセイルチェア、セラチェアなんかも使って仕事をしたことがあります。
 
私は旧アーロンチェアの時からメッシュの座面背もたれに慣れてしまい、圧倒的にアーロンチェア派です。
ミラ2チェアもとても気に入っていますね。証拠として、ショールームに3脚も展示していますから。全力でミラ2チェア売ってます!
 
よく相談を受ける事があります。
それは、ずばり価格についてです。高い方が性能が良いのか?と。
アーロンチェアは最低でも20万円はしますので価格がネックになる感覚はとても分かります。
私は慣れてしまって麻痺していますので、このモデルは20万、このモデルは30万です。なんて話をした後に、セイルチェアは安いので9万ぐらいですよ。
なんて言ってしまいます。これ、冷静に考えたら相当麻痺してますよね。
椅子としては明らかに高い部類ですから。だからこそ疑問に思ったことは何でも聞いて欲しいですね。
 

5つの共通点とは

ハーマンミラー社のオフィスチェアは細かい機能の違いはあれど、どのモデルにも共通する5つのコトがございます。
詳しく話すとそれが全てというように取られてしまう可能性があるため、少しざっくり書きますね。
 
①腰のサポートが必ず付いていること
他社の椅子を含め、色々な椅子を見て頂いておりますと、「ランバーサポート」という機能を耳にしたことがある方は多いと思います。
ハーマンミラー社のオフィスチェアには、ランバーサポートも採用されておりますが、独自の「ポスチャーフィット仙骨サポート」も採用されております。
アーロンチェアのように外付けのパッドが付いているものや、ミラ2チェア、セイルチェアのように、設計の段階から出っ張っているものの2種類ございます。
このポスチャーフィット仙骨サポートにしっかり当てて座る事で、骨盤・仙骨を立たせ安定させます。
ここがポイントです。
 
②荷重分散に優れた背と座があること
アーロンチェアリマスタードの8zペリクルのように、各モデルには専用に開発された専門素材を使用しています。
ミラ2チェアにはとても柔らかくしなるバタフライバックが、セイルチェアにはフレームが無く柔軟に体の動きに対応するサスペンションバックがございます。
これらはいずれも高い通気性をもち、不快感を感じさせません。
 
③細かい調節が出来ること
サイズ展開やシートサイズの調節などで、より多くの方にフィットします。
身長体重、脚の長さ、その人の癖など、好みに合わせて最適なポジションを探すことが出来ます。
あまり触れられてない気がしますが、リクライニングの硬さ調節なんかはとても重要だと思いますよ。
印象がガラリと変わります。
 
④12年の保証が付いていること
ハーマンミラー社のオフィスチェアには12年の保証が付いています。
※シリンダーはガスが消耗品扱いのため2年間です。
保証期間中、製品の瑕疵や正常な使用において不具合が生じた製品、パーツ、コンポーネントを修理または交換します。
 
⑤環境に優しいこと
これはユーザーにとって刺さる言葉かわかりませんが、リユース、リデュース、リサイクルで環境に優しい素材を使っています。
ハーマンミラー社の姿勢として認識していただければと思います。
 
これらの点から、どの椅子でも最低限、必要にして十分な機能・性能があり、どれを選んでも比較的満足していただけると思います。
 

各椅子について一言

まずは見た目の好みで椅子を選んで、そこから調べていくのも良いと思います。
なんでもですが、モチベーションを高めるためにも、お気に入りのモノが傍にあった方がいいと思います。
ペンだっていいです。ちなみに私のおすすめボールペンはPilotさんのJuice up 03です。書き心地最高です。
 
アーロンチェアは非常に優れたメッシュ性能で長時間の座る姿勢をサポートします。
サイズが3種類あるため、そのサイズ選びが難しいところでしょうか。
ここには書きませんが(長いので)、お問い合わせ頂けましたらサイズの選び方などのアドバイスをさせて頂きます。
ちなみにミネラルはデニムの色が移りやすいです。色移りの汚れは保証対象外ですのでお気をつけて。
 
 
ミラ2チェアはシートの奥行調整でアーロンチェアのAとB、中間のサイズの方に選ばれている印象です。
座面が少し盛り上がっている分、身長はある程度必要な気もします。
弊社ショールームではイラストレーターさんによく選んで頂いている気がします。口コミなのでしょうか。最初からミラ2チェア目的の方が多いです。
アーロンチェアよりも硬めの背もたれも支持する方は多いですね。
 
セイルチェアはなんと言ってもデザインでしょうね。
それでいて性能・機能は必要にして十分ですから、非常に人気があります。
色を選ぶのも楽しいですね。
庄文堂ではカスタムの商品がいくつかありますが、あれは私も楽しんでオーダーしています。
最近は楽しいを一回りして、新しい色を選ぶのが「苦」ですね・・
色がありすぎてどれも発注したくなっています・・
 
 ↓ 最近お気に入りのメドレーファブリック
 
他の椅子に比べて少し小さいこと、色が豊富なことから、テレワークでの家用椅子としてはぴったりなのではないかと思います。
CMでも使われているのをよく見ますよね。
セイルチェアなんかはこの1年で多くの方にカスタムオーダーを頂きましたね。
せっかく良いものを買うならば、インテリア性にもこだわった好みのモデルが欲しい方が大半でした。
 
 
椅子に正しく座ることに加えて、デスクとキーボードの位置関係、モニターの高さも重要です。
モニターアームなどが便利で、弊社では通常在庫としてCBSのモニターアームを在庫しております。
ショールームではフローオーリンを展示しています。
※どちらもホワイト・ブラックと用意していますが、オーリンのブラックは在庫が切れた場合に時間がかかります。
 
ノートPCだけの場合はキーボードを別に用意して、ノートパソコンスタンドも有効ですね。
CBSにラップトップマウントというノートPCをモニターアームにくっつけるものがあります。
現在、販売ページは作成していませんが、ショールームで実物をご覧いただけます。
 
弊社でご用意出来るもの、出来ないものとありますが、まず何か相談したいことがございましたら、お気軽にご連絡いただければと思います。
 
それでは、また次回!