アーロンチェア正規販売店 創業1936年の信頼と実績の庄文堂‎
弊社ではショールームなどの実店舗をはじめ、複数店舗で販売を行っており、表記の変更も手作業で行っております。そのため、土日祝をはじめとする、お休みを頂いている期間にページに在庫ありと表記されていても、ご注文いただいた際に、在庫がなくなってしまっている場合がございます。このような時には、誠に申し訳ございませんがお届け見込みについてお知らせいたしますので、ご了承下さい。

商品カテゴリ一覧 > ミラ2 チェア > 【受注生産品】ミラ2チェア/フォグベース/スタジオホワイトフレーム/スタジオホワイト&アルパインカラー

【ヤマト運輸開梱設置資材回収付・送料無料】【ハーマンミラー正規販売店・安心の12年保証】【不要椅子引取無料】

【受注生産品】ミラ2チェア/フォグベース/スタジオホワイトフレーム/スタジオホワイト&アルパインカラー

商品番号 MRF123AWAFAJ65BB988M10631A701

販売価格160,600円(税込)

下取品引取サービス
(九州・沖縄は対象外)
数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品写真

商品写真商品写真商品写真商品写真商品写真
商品写真
拡大 Prev Next

アップ写真

アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真アップ写真

△現在制作中です。今暫くお待ちください。

シートの高さ調節(ガス圧式)

シート右下の平らなレバー

高くする▶︎座面に座り、少しずつ腰を浮かしながらレバーを上にあげると、座面が高くなります。希望の高さになったらレバーを離します。 低くする▶︎座面に座った状態でレバーを上にあげると座面が低くなります。希望の高さになったらレバーを離します。 ★大腿部が床面と並行になる座面の高さが自然な着座姿勢となります。

座面奥行きの調節

座面前下のレバー

縮める▶︎レバーを握り、座面前の縁を下に折ります。 伸ばす▶︎レバーを握り、座面前の縁を上に上げます。 ★膝の裏側が座面の前縁に圧迫されないように奥行きを調節します。

リクライニングの硬さ調節

シート右下の丸いダイヤル

硬くする▶︎背もたれに寄りかからないで、ダイヤルをプラス+の方向(座った状態で前方向)に回します。 柔らかくする▶︎背もたれに寄りかからないで、ダイヤルをマイナス方向(座った状態で後ろ方向)に回します。 ★背もたれに軽く寄りかかると、背中を支えながら傾き、戻るときには背もたれが自然についてくる程度が適度な固さです。

前傾チルト

座面左下の水平レバー

座面を前傾させる▶︎背もたれに寄りかかって体重をかけ、軽くリクライニングさせます。そのままレバーを下げ、背もたれによりかかるのをやめます。やめると前傾します。 座面を通常位置に戻す▶︎背もたれに寄りかかって体重をかけ、軽くリクライニングさせます。そのままレバーを上げ、背もたれに寄りかかるのをやめます。やめると前傾機能が解除されます。 ★操作の方法を誤ると故障の原因となります。 ★集中して作業をするときに適します。座面を通常より少し高くして使います。

リクライニングの範囲設定

座面左下の垂直のレバー

範囲を設定する▶︎背もたれに寄りかからないで、レバーを前方向に押します。範囲設定したい位置を3段階の中から選びます。(3箇所でレバーを止めることが出来ます。) 設定を解除します▶︎背もたれに寄りかからないで、レバーを後ろ(レバーが止まる3箇所の内一番後ろ)に倒します。 ★操作の方法を誤ると故障の原因となります。 ★背もたれに寄りかかるのをやめると、背もたれの位置は元に戻ります。(固定ではありません)

ランバーサポートの位置・強弱設定

ランバーサポート左右両端にあるレバー

左右のレバー先端を上に向け、ランバーサポートを緩めた状態で左右レバーを手で持って上下にスライドさせます。希望の高さの位置でレバーを水平にして、位置を設定させます。 ★背もたれ自体の形状が、骨盤をサポートし、背骨が正しいS字のカーブを描くように設計されていますが、体型に合わせて、ランバーサポートの位置が設定できます。 強くする▶︎左右レバー先端を下に下げます。 弱くする▶︎左右レバー先端を上に上げます。 ★腰椎のカーブに合わせてランバーサポートの強弱を設定します。

アーム高さ調節

アーム支柱外側のレバー

高くする▶︎レバーを引き起こし、レバーを持ちながら上に上げます。希望の高さになったらレバーを下に倒して固定します。 低くする▶︎レバーを引き起こし、レバーを持ちながら下に下げます。希望の高さになったらレバーを下に倒して固定します。 ★前腕をアームパッドに置いて、肩が上がらない高さに調節してください。 ★レバーは最後まで倒してしっかり固定して下さい。

アーム奥行調節

アームパッド

アームパッドをつかみ前後左右に動かします。 ★前腕部がサポートされるように天板に近づけることができます。 ★裏側の可動部に指をはさまれないようご注意ください。

アーム角度調節

アームパッド

アームパッドの先端部をつかみ水平方向に動かします。 ★コンピュータ使用時、マウス操作をするときは、アームパッドを外側に、キーボード操作をするときは内側にするなど、執務状況に応じて調節します。 ★3箇所で固定できます。

アーム幅調節

アームパッド

アームパッドをつかみ水平方向に動かします。 ★体型や執務状況に応じて左右それぞれ調節します。 ★裏側の可動部に指をはさまないようご注意ください。

ご注文につきまして

ご購入の流れ・お支払い方法・配送・不要チェア下取りなど

アーロンチェアの庄文堂 ご注文の流れ アーロンチェアの庄文堂 お支払い方法 アーロンチェアの庄文堂 配送 アーロンチェアの庄文堂 不要チェア下取り

アフターサービス

チェアの保証と修理

アーロンチェアの庄文堂 12年保証 アーロンチェアの庄文堂 修理

その他の情報

よくある質問やお得な購入方法、キャンペーンなど

アーロンチェアの庄文堂 よくある質問 アーロンチェアの庄文堂 ANAマイレージモール アーロンチェアの庄文堂 コラボレーション アーロンチェアの庄文堂 チェアのサイズと比較

ミラ2チェアのお手入れの仕方

背もたれ・座面

通常のお手入れは、布で覆われたアタッチメントをつけた掃除機で、埃を吸い取ってください。ブラシがけはしないでください。ブラシをかけると、素材を羽毛立たせ、本来のメッシュやファブリックの質を変えてしまいます。

フレーム・アーム・ベース

通常のお手入れは、中性洗剤をうすく溶かしたぬるま湯を染み込ませた柔らかい布で拭いた後、柔らかい乾いた布で拭き取ってください。溶剤や研磨剤が入ったクリーナーは使用しないでください。洗剤成分が残らないように注意してください。 ★化学雑布等、成分が残る用具の使用は避けてください。

注意

以上のお手入れは、ハーマンミラーで推奨する方法であって、製品の品質を保証するものではありません。その他アフターサービスについては、ご購入の販売店までお問い合わせください。

デザイナーのご紹介

スタジオ7.5

アーロンチェアの庄文堂 デザイナー

製品カタログ・リーフレットについて

データで必要な方は下の画像からダウンロードをして下さい。

ミラ2チェア リーフレット(日本語版)

ミラ2チェア カタログ1(日本語版)

ミラ2チェア カタログ2(日本語版)

ミラ2チェア カタログ4(日本語版)

ミラ2チェア紹介動画

ストーリー スタジオ7.5

(日本語翻訳版)

庄文堂の倉庫と検品方法のご紹介

自社倉庫と検品動画

アーロンチェアの庄文堂では、自社で在庫を保有・管理するための倉庫を用意し、ハーマンミラージャパンより入庫した製品を1点ずつ検品、出荷まで丁寧に管理しております。

アーロンチェアの庄文堂では、自社倉庫にて入庫時に検品をおこなっています。※着座やリクライニング時に発生する動作音は個体差が存在するため検品を行っておりません。ご了承くださいませ。

カートへ