ハーマンミラー社の品質保証について アーロンチェア編②

こんにちは、アーロンチェアの庄文堂:お客様担当 近内です。今回も前回に引き続き、アーロンチェアの品質保証について、事例をご紹介しながら進めていきます。

購入当時の座り心地を取り戻すために

【ペリクル】も品質保証対象

アーロンチェアの座面と背もたれにはペリクル(エラストメリックメッシュ)という素材を採用しています。
エラストメリックとポリエステルを編みこんだこのメッシュにより、独特の座り心地が生まれているのです。このペリクルも品質保証の対象です。
前提として、他のパーツと同じように、通常使用の中で発生したダメージに限ります。
長年使用していると、摩擦等により穴が開いてしまうことがございます。気付かず使用していると穴が大きくなってしまうケースが多くございます。
破損の大小に関わらず、まずは御連絡を頂けますようお願い申し上げます。

pericle2

pericle11

【ビス外れ】も御連絡下さい

長年使っていると、どうしても弱まってきてしまう箇所がもう1つ。
接続面にある【ビス】が外れてしまうのです。ビスが外れたままでは通常使用もままなりません。
修理には専用工具も必要となりますので、御連絡頂けますようお願い申し上げます。

bis1

bis2

【ワイヤー外れ】も稀に報告されています

極めて稀なケースではありますが、前傾機能を制御するワイヤーが外れてしまう事例もございます。ワイヤーが外れてしまうと前傾固定が出来なくなってしまいます。通常ですと、左の写真に写っているぐらいまでしかワイヤーは出てきません。しかし、ワイヤーが外れてしまうと、右の写真のように飛び出てしまいます。一目瞭然ですね。

wireright1

wireout1

定期的なチェックをおススメします

アーロンチェアの庄文堂では、お客様の大切なアーロンチェアを永くご愛用頂くためにも、定期的なチェックを推奨しております。アーロンチェア自体、決して安くはない価格です。常に最高の状態でお座り頂くために、前回、そして今回のブログを参考にご自身でチェックをしてみていただけますようお願い申し上げます。