日本のTVドラマにあるアーロンチェアの風景(銭の戦争 )

銭の戦争

金で失くしたもの全て、…金で取り戻す!!

c2cf4c72535e7d8aa1343a16707ccf38
外資系の証券マンだったが、父が借金を苦に自殺。
父の会社は人手に渡り、富生も銀行からの融資の連帯保証人になっていたため、
貯金を全て返済に充てた。
――あれよあれよという間に、金が理由で、全てを失う。東大卒で、数学が得意。
数字に関しては抜群の記憶力を持つ。証券マンとしても優秀で、頭もキレる。
このため金貸し屋に気に入られ、その下で働き始めると、すぐにコツを覚え、金を手に入れていく。
が、扱う金額が大きくなればなるほど、
不思議と金への「もっと、もっと」という執着が大きくなり、一番憎んでいたはずの「金」の虜になってゆく。

草彅剛主演のドラマ。

 

韓国ドラマの国内リメイク。

 

韓国TV相関図

E98AADE381AEE688A6E4BA89-E79BB8E996A2E59BB3

 

国内TV相関図

スクリーンショット-2015-01-04-00_39

 

このドラマの赤松金融事務所の赤松社長の椅子見ましたか?

渡部 篤郎

 

アーロンチェアポスチャーフィットフル装備Bサイズ

AE113AWB PJG1BBBK3D01

http://shobundo.biz/fs/next/c/classic

 

渡部篤郎は、白石富生が働くことになる金貸し業の経営者・赤松大介を演じる。
赤松は、中小企業相手の融資とコンサルティングを行う「赤松金融」を経営。

小さな事務所も構えている正規業者だが、
本当に切羽詰った相手には、法定外の金利で裏で金を貸している。
実はこの裏稼業の収入が圧倒的に多い。
税務署にも申告できない違法な利益のため、銀行には預けられない多額の現金を抱えている。
その隠し場所がどこなのかは、誰も知らない。
金の臭いが大好きで、毎日、仕事を終えた後、
一万円札にアイロンを掛けてシワを伸ばす時間が癒しの時間――らしい。

 

皆さんもTVにあるアーロンチェアのある風景探してみてください。

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください