アーロンチェアの座り方 ④ 肘掛調整

アーロンチェアフル装備アーム(肘掛)調整

こんにちは 庄文堂NEXT ストアマネージャー阿部です。

アーロンチェアフル装備タイプにはアーム(肘掛)が調整できる機能がついているのはご存知ですか?

今回はこのアーム(肘掛)の調整方法について書いてみようと思います。

アーム(肘掛)の調整

アーロンチェアフル装備のアーム(肘掛)は約9センチ(サイズは弊社で独自に計ったものです。多少の差異はご了承下さい。)

上下に移動します。

Aeron-User-Adjustments-1280x720_16106

 

こちらのレバーを上に引き上げると

Aeron-User-Adjustments-1280x720_16131

このように上がったり

Aeron-User-Adjustments-1280x720_16240

下がったり

Aeron-User-Adjustments-1280x720_16309

自由な位置に設定できます。

お好みの位置が決まったら

レバーをおろせば

Aeron-User-Adjustments-1280x720_16397

お好きな位置で固定出来ます。

Aeron-User-Adjustments-1280x720_16469

アーロンチェアのアーム(肘掛)の動きは上下だけではありません。

横にも動きます。

Aeron-User-Adjustments-1280x720_17011

外側にも

Aeron-User-Adjustments-1280x720_17053

内側にも

Aeron-User-Adjustments-1280x720_17065

ふり幅としては約 10センチほどです。(サイズは弊社で独自に計ったものです。多少の差異はご了承下さい。)

まとめ

アーロンチェアは縦にも横にもご自分の腕を置きたい位置に調整できます。

現在生産されているタイプのアーロンチェアはアームがレバー固定式ですが、

発売当時のアームはころころ回すタイプのこちらでした。

arm

ですが、このタイプは肘を置いていると年月が経つほど下がってきてしまう懸念があり、

現在は改良され今ではレバーでとめるようになっています。

今回はアーロンチェアのアームの調整についてお話しました。