商品カテゴリ一覧 > イームズ

3 件中 1-3 件表示 


3 件中 1-3 件表示 



イームズヒストリー

チャールズ・イームズは1907年、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス生まれ。奨学金を受けセントルイスのワシントン大学で建築を学び1930年に自身の建築事務所を設立。数多くの建築を手がけ、特に初期のエーロ・サーリネンとのコラボレーションは、モダンデザインの誕生のきっかけをつくった。 一方レイ・イームズは1912年アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント生まれ。絵画の勉強を進めアーティストの道を歩んでいたが、1941年チャールズと結婚。その後は、レイ & チャールズとしての活動が中心となる。 2人はハーマンミラー社のジョージ・ネルソンとともに、現代にも通じる画期的で斬新な多くの家具をデザインしたが、活動はそれだけにとどまらなかった。映画制作、写真、展示デザイン、グラフィックデザインなど、60〜70年代のモダンデザインのパイオニアとして活躍した。

冒険心をたっぷりと持つチャールズ&レイ・イームズ夫妻は、好奇心と果てしない熱意を創作に注ぎ、夫婦によるすばらしいデザインチームを作りました。 夫婦ならではの共同作業によって、家具が新たな展開を見せることとなりました。すっきりとしてモダンであり、遊び心と機能性を備え、なめらかで、洗練されていて、美しく、シンプル。 それが昔も今も「イームズ」らしさなのです。

夫妻のスタイルと、ハーマンミラーとの関係はプライウッドで制作したチェアを1940年代後半に発表したことに始まります。そのなかには、ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品にもなった イームズラウンジチェアが含まれています。
チャールズ&レイ・イームズは、どのプロジェクトも一貫したプロセスで進めることによって、大成功をおさめました。これは人の興味をそそる刺激的なものだろうか?もっと素敵なものにできないか?それをすると「真剣に楽しい」だろうか?
ふたりは、アートと科学、デザインと建築、プロセスと製品、スタイルと機能を結合させる仕事を好みました。
「細部は単なる細部にとどまりません。それはプロダクトを決定する要素なのです」とチャールズは言います。
問題解決力に優れ、スタッフにも積極的に実験してみることを勧めていた彼は、ある時、自分の夢は「まったく役に立たないプロジェクトのためのスタッフを持つこと」だと言ったことがあります。「そんなプロジェクトにこそ、新しいコンセプトの芽があるものです」
夫妻ならではの独自のコンセプトは、一夜にしてできたものではなく、時間をかけて育まれたものでした。チャールズは、プライウッドのチェア開発についてこう述べています。
「直観のひらめきでした、30年かかってひらめいたのです」

ふたりに関して言えば、あるものができれば次のものができるというふうでした。チャールズとレイはプライウッドで革命的な作品を生みだしましたが、それがきっかけでファイバーグラス素材のシーティングを開発しました。雑誌社の主宰によるコンテストでは、非常に革新的なケース・スタディ・ハウスをつくりました。ふたりは写真が好きで映画制作に乗り出し、1959年にはモスクワ博覧会映像展で、友人で同僚でもあるバックミンスター・フラーが設計したドームで、7つのスクリーンに映写をしています。

グラフィックデザインからショールームのデザインが生まれ、玩具集めは玩具の制作へと発展しました。そして、夫妻の友人であった映画監督ビリー・ワイルダーが昼寝用に板切れで作った仕掛けから、イームズチェイスが生まれたのです。 デザインの評論家はかつて、この素晴らしい夫妻は「世界をよりよい場所にしたいだけ」と願っているのだと評しました。まさにそのとおりです。チャールズとレイは世界をはるかに楽しい場所にしてくれたのです。

チャールズ・イームズ
アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイスに1男第5子として生まれる

バーナイス・アレクサンドラ・カイザー(レイ・イームズ)
アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメントにて生まれる

チャールズ・イームズ→奨学金を受けセント・ルイスのワシントン大学

建築学科入学しかし、近代建築に過度に熱をあげ過ぎたため退学

チャールズ・イームズ→最初の妻、キャサリン・ウォーマンと結婚その後、
娘ルーシアをもうける

チャールズ・イームズ→セント・ルイスで建築設計事務所を開設。
サーリネンとイームズの交流が始まる(設計した聖メリーズ教会をみて)

チャールズ・イームズ→エリエル・サーリネンの招待で、イームズは
妻子と共にミシガンへ引っ越し、「クランブルック美術学院」に奨学生として入学。
後年には同校でインダストリアルデザイン学科長として教壇に立つ。

チャールズ・イームズ→イームズは、エーロ・サーリネンとともに、ニューヨーク
近代美術館開催の「オーガニック家具デザイン」コンペに応募。
成型合板を使った椅子、棚、机を出品し6部門中2部門で優賞。

チャールズ・イームズ→妻のキャサリンと離婚。クランブルック美術学院に勤務する
同僚であり、カリフォルニア州サクラメント出身のレイ・カイザーと再婚する。

様々な作品を取り組むが、中でも脚用の添え木「レッグ・スプリント」は
海軍で採用され、第2次世界大戦終了までの間にのべ15万本以上も製造された。
「レッグ・スプリント」はイームズの手がけた最初の大量生産品でもあった。
現在では足の添え木以上に芸術品としての価値も高い。


チャールズ&レイ・イームズが、アメリカ海軍から成型合板による脚用の
添え木開発を受注。

ジョン・エテンザが中心となりロサンゼルスで発行されていた芸術雑誌
「アーツ&アーキテクチャー(arts & architecture)」の編集に加わる。

レッグスプリントなどの技術を転用し
「DSW」」LCW」「チルドレンズチェア」
「プライウッドエレファント」などを
開発する。

イームズプライウッドチェア、 プライウッド
ラウンジチェア、プライウッドフォール
ディングスクリーン、プライウッドコーヒー
テーブル発表。


ネルソンとデプリーが、
チャールズ&レイ・イームズ夫妻を
ハーマンミラーのデザイナーに採用。

ハーマンミラーが、イームズ夫妻による、高い評価を得たプライウッド製品を独占
販売する権利を獲得。ミシガン州グランドヘイブンの Evans Products Company
から権利を取得。製造権は引き続き同社が保持。


MoMA主催「ローコスト家具デザイン」コンペに金

属をプレスして成形したシェルチェアを出品。更に

コスト抑制の為素材をFRP(ガラス強化プラスチック)

に変更。 また、同時期にラ・シェーズを製作。

ラ・シェーズの独特な形は、彫刻家ガストン・ラシェーズ

(Gaston Lachaise)の彫刻作品「フローティング・

フィギュア(Floating Figure)」からインスピレーション

を受けたもの。 レイ・イームズが生前最も愛した椅子としても有名。

「アーツ&アーキテクチャー(arts & architecture)
」の企画であるケース・スタディ・ハウスに参加し、
自邸であるNo.8を手掛けている。
イームズ・ハウス(ケース・スタディ・ハウス#8)
が完成。

チャールズ&レイ・イームズのデザインによる、
世界初のファイバーグラス製チェアをハーマンミラーが発表。
イームズストレージユニットとワイヤーベーステーブル発表。

様々な試行錯誤を重ね、当時のイームズの技術を結集した
ワイヤー・チェア。前年製品化に至らなかったチェアを、
イームズが取り組んだ技術を取り入れ製品化にいたる。

イームズ夫妻の友人であったハリウッド映画監督
ビリー・ワイルダーに依頼されたラウンジチェア。
「よく使い込まれた一塁選手のグローブみたいに
暖かい印象で優しく包み込んでくれるような椅子」
がデザインコンセプト。

イームズラウンジチェア&オットマンがテレビ番組
『The Today Show』で全米に紹介される。
このチェアは、ハーマンミラーの品質と革新性を
象徴する、きわめて顕著な存在となる。

イームズプライウッドチェア、プライウッドラウンジチェア、
プライウッドコーヒーテーブル販売終了。
これらは1994年に販売再開。
12月に初来日。

ミラー邸(エーロ・サーリネン/設計・アレキサン
ダー・ジラード/ インテリアデザイン)のために
室内でも屋外でも私用できるようにイームズが
デザインしたアルミナム・グループ。
このシリーズは幅広いシーンで私用される
椅子やテーブルが揃えられています。





8月21日 故郷セントルイスへの帰省中、心臓発作で息を引き取る。
妻・レイが息を引き取ったのも、その10年後同日の事である。

イームズと言えば椅子と言うイメージが強いと思いますが、出発点は建築です。その建築からの視点を応用し、椅子も映画もおもちゃも広告デザインなど職業の枠を超え広範囲の仕事を成し遂げます。

ここまで家具というものが芸術品として認められたケースはそうはありません。イームズの場合、等身大で扱える椅子を建築の視点からデザインし、素材や構造上の要素、人間工学的な要素、芸術的な要素など椅子を構造物として製作していました。結果、多分野から絶大な支持を得て、数多くの賞を受賞しています。

ここ日本でもイームズの人気に下火はなく、現在もなお絶大な人気を誇っています。客観的にみても、日本人好みのデザインでもあり、お洒落な曲線美、豊富なカラーバリエーションなど日本人の心をガッチリ掴んでいると思います。

機能美やデザインだけではなく、徹底した研究の結果の集大成がイームズの家具です。デザインだけ、座り心地だけ、低価格だけという事ではなく、全てに完璧を求めたイームズだからこそ、現在でも抜群の存在感を放っています。どんな部屋にも、どんな環境でも、どんな人でもイームズに合わないことはありません。イームズ自体が自らデザインしているかのような部屋になる事でしょう。 どの時代にも、どの年代にも左右されない絶対的な安定感が、今でも絶大な支持を受ける一つの理由でもあります。

流行とは、特定の思考、表現形式、製品などがその社会に浸透・普及していく過程にある状態を表すこと指します。生活の中に流行を取り入れていく過程を流行とすれ

ば、イームズは、その家具を置いた時に生活がどう変わるのか、というのに重点を置いています。高い次元で完成されたデザインとは普遍的であり、流行とは別次元に位置しています。 「時代の流れにあった〜」や「部屋に合った〜」などご心配されているお客様もいるかと存じますが、どんな空間にもどんな時代にも馴染むのがイームズです。 自信を持っておすすめできます!